【カラコンメーカーが答える】老眼とは?老眼でもカラコンを装着することはできるの?
カラコンには視力矯正できる度ありの商品もありますが、年齢を重ねてきて今まで使ってきたコンタクトレンズの度数が合わないと感じてきたことはありませんか?視力が低下してきたという可能性もありますが、年齢が40歳前後の場合は老眼が始まってきたのかもしれません

老眼でもカラコンを使い続けることができるか不安に思う人のために、老眼のメカニズムと共に、老眼に合うカラコンの選び方をご紹介していきます。

老眼とは何?

老眼とは何?
年齢を重ねてきた人が新聞などの小さな文字に対して、「老眼だから見えにくい」と言っているのを聞いたことがある人も多いでしょう。若い時は文字が見えない場合は目元に近づけて見るようにしますが、老眼の場合は目から離してみようとするのもお決まりのポーズですね。

老眼とは、ものを見る時にピントを調節する役目のある、目の中の水晶体という部分が加齢によって動きにくくなり、近くのものにピントを合わせづらくなることで起こる現象です。老眼は病気というわけではなく加齢による生理現象で、多くの人は40歳頃を境に老眼の症状を自覚し始めます。老眼になりやすいかどうかは人によって大きな差はなく、ふだんから近くのものをよく見る人は早く気づきやすいという傾向があります

近くのものが見えにくくなるので、いつもと同じように新聞や書類を読んでいるのになぜか文字が読みづらく感じ、目から離してみるとピントが合うようなら老眼の症状が始まっていると自覚するようになります。

参考:日本眼科医会

老眼の確認方法

老眼の確認方法
老眼は近くのものが見えにくくなることから、もともと近視でメガネをかけている人でも自覚症状が現れやすく、40歳前後の年齢なら老眼だなとわかるようになります。しかし、近くが見えにくくなったというだけなら、老眼とは限らず単に視力が低下しただけの場合もあるので、近くのものが見えにくくなったらまず眼科を受診するのが確実です。

眼科を受診すると視力検査だけでなく、顕微鏡などを使用した詳細な検査を行い、老眼以外に別の眼病がないかもチェックしてもらえますので、目の異常がある場合も早めに治療することができます。

自己チェックとして、人差し指の指紋がくっきり見える距離が目からどれくらい離れたところかで確認することもできます。目から30cm以上離れたところでピントが合うようなら、老眼鏡が必要と言われていますので、早めに眼科を受診することをおすすめします。

老眼になった場合の対処方法

老眼になった場合の対処方法
老眼は病気ではないので、老眼が始まったからといって慌てて対処しなくても問題ありませんし、治療が必要なわけではありません。しかし、近くが見えない状態で文字を読もうとすると目が疲れて肩こりや頭痛を引き起こしてしまうこともありますし、よく見えなくてイライラしてストレスがたまったり、不便さを感じたりしますので、適切な対策を講じるようにしてください。

老眼鏡を使用する

すぐに老眼に対応できるアイテムと言えば、やはり老眼鏡でしょう。老眼鏡は100円ショップなどでも販売されていますし、文字を読むときは拡大鏡などで対応することもできますが、できれば使用用途や度数に合わせてご自分用の老眼鏡を作るのがベストです。

新聞や本を読む時やパソコンを使用する時、編み物やネイルをする時などでも見たいものまでの距離が異なるので、まずは生活スタイルや使用用途を眼科医に相談してみましょう。近視用の眼鏡を使用している人は、遠くにピントが合うように作られているので、近くを見る時は別に老眼鏡を用意するか、遠近両用のメガネを作る必要が出てくるでしょう。

遠近両用コンタクトレンズを使用する

今までメガネを必要としなかった人や、視力矯正用のコンタクトレンズを使ってきた人は、遠近両用のコンタクトレンズが便利です。ただ、遠近両用のコンタクトレンズは、遠くを見るための部分と近くを見るための部分が複雑に組み込まれていて、慣れるまで使いこなすのに苦労するかもしれません。遠近両用コンタクトレンズにする場合は、家の中で十分慣らしてから使うようにしましょう。

老眼鏡と遠近両用コンタクトレンズの違い

老眼鏡と遠近両用コンタクトレンズの違い
老眼鏡は、近くのものにピントを合わせて見えやすくするもので、ものを大きくして見せる拡大鏡とは少し異なります。老眼鏡はルーペや拡大鏡とは違い、それぞれの視力や見たいものまでの距離に合わせて作っていくので、オーダーメイドとなります

また、遠近両用のメガネもあり、レンズの上半分は遠くにピントを合わせてあり、下半分は近くにピントを合わせるように作られていて、どこを見るかによって視線を動かして使用します。ふつうのメガネよりもそれぞれの範囲が狭いので、長時間使用する場合はそれぞれ別々のメガネの方が適していることもあります。

また、遠近両用コンタクトレンズにもいくつか種類があり、レンズの中心は遠くにピントを合わせてあり、レンズの外側が近くにピントを合わせたものは視線を変えることでどちらを見るか切り替えることができます。ほかにも、遠近両方のピントが同時に合っているタイプもあり、どちらを見るかは自然に頭の中で切り替えることができます。

老眼鏡は近くを見る時だけかければいいという手軽さがありますが、いちいちかけかえるのが面倒、外出先で老眼鏡を忘れると不便、周りの人に老眼であることがバレるなどのデメットも。それに対して遠近両用コンタクトレンズは、老眼であることがバレにくく、常に遠くも近くも見える状態にありますが、慣れるまで少し時間がかかることもあります。

老眼でもカラコンを装着できるの?


もともと近視で老眼が始まった場合は、遠近両用のカラコンを使えばメガネをかけることなくカラコンで過ごすことができます。ただ、カラコンには視力矯正用の度ありの商品はたくさんありますが、遠近両用のカラコンとなるとその数はぐっと少なくなります。

日本初となる遠近両用サークルレンズ「ネオサイトワンデー スマートフォーカス リングUV」は、2018年9月から販売されていますので、それ以前は遠近両用のカラコンはなかったと考えていいでしょう。

現在遠近両用のカラコンは今のところこのシリーズのみのようですが、もともと視力矯正が必要ない人なら、遠視用の「アイコフレワンデーUV」などのシリーズもあります。

遠近両用カラコンの費用相場

遠近両用カラコンの費用相場
日本初となる遠近両用サークルレンズ「ネオサイトワンデー スマートフォーカス リングUV」は、通販での販売は行っておらず店頭販売のみになります。価格は割引クーポンなどを利用することによっても異なりますので、気になる方は取り扱っている施設で確認してみてください。

参考:ネオサイトワンデー スマートフォーカス リングUV 公式サイト

老眼でもカラコンを楽しもう

老眼でもカラコンを楽しもう
今まで見えていたものが急に見えにくくなる老眼は、年を取ったことを実感させられますし、不便さもあり少なからずショックを受けるもの。新たに老眼鏡を用意する必要もありますが、遠視用のカラコンや日本初の遠近両用サークルレンズも販売されたことから、老眼でも気軽にカラコンを楽しめるようになりました

遠近両用のカラコンはレンズの中で遠くと近くを見る部分が組み込まれるので、カラコンに適用させるのは難しそうですが、今後もっと種類が増えることを期待したいですね。